40代から60代でも活躍できる介護の仕事。

高齢者介護の需要が増えているので、中高年で介護士を目指す人が多くなっています。そんな人にとって大切になるのが、なぜこの職業を選ぼうと思ったかということ。介護士は人のためになる重要性の高い職業ですが、それと同時に体力や精神力も必要になります。介護士の場合は、高齢者の食事、排泄、身体の衛生管理や日常生活の介助などを行うので、これらの仕事に抵抗がないことと、コミュニケーションが取りにくくなっている人達を対象にするので、精神的なゆとりを持っていることが大切です。これらのことを踏まえた上で、それでも尚この仕事を選びたいという場合は、今まで他の仕事で培ってきた経験や、人としての体験を十分に活かすつもりで、仕事に取り組むことをお勧めします。

この仕事で経験を積んで職場の中のリーダーになったり、相談の仕事もあるケアマネジャーの資格取得を目指す場合は、介護職以外の経験が活かせる可能性が大きいでしょう。また、未経験の中高年が介護職を経験すると、自分の親や家族の介護にその技術や経験が役立つという利点もあります。さらにこの仕事から転職する場合でも、福祉の仕事などに就く場合は、高齢者介護の経験が十分に活かせるでしょう。このように、未経験の中高年が介護の仕事を目指すのは、リスクがある反面、その人でなければできない仕事をしたり、他の分野で役立つ可能性も大いにあります。

現代は、以前より個性的な生き方を選びやすい上に、年齢を重ねても元気な人が増えています。若くなくてもやりがいのある仕事に挑戦してみたいと思う人は、介護職は適しているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です